1. HOME
  2. レッスン
  3. 阿河コーチがお届け!わざと芯を外して激スピンショットを打つ
レッスン

阿河コーチがお届け!わざと芯を外して激スピンショットを打つ

レッスン

84

“キュッキュッ”とスピンの効いたウェッジショットを打ちたい。そう思う方は少なくはないはずです。しかし今回は“キュッキュッ”ではなく“キュッキュッキュッ!!”的なもっと激しい擬音、つまり激スピンショットを打ってみようという話。技を教えてくれたのは普段から激スピンショットを愛用するプロコーチの阿河徹さんだ。

阿河「まず私がスピンを打つ際に意識しているのは、わざと芯を外した打点で打つことですね。」

――芯を外す、ですか?

阿河「はい。ウェッジのテクニックとしては技巧派のプロや上級者は当たり前に活用している技です。意識としてはトゥ側に打点を外すことで、わざと飛ばないように打つことがポイント。強めにインパクトを入れても、通常よりも距離を飛ばさないことができるわけです。」

――打点を外す、とても高度な感じがします。

阿河「イメージとしてはリーディングエッジのセンター部からトゥ側にややカットに抜いていく感じ。ボールがフェース面上を長く乗るように当てる感じですね。」

――まるでラケットの先端で鋭い回転をかける卓球のサービスのようですね。

阿河「まさにそんなイメージが正しいですね。打ち出されたボールが目線の高さに抑えられて飛んでいくとOKです。ウェッジにしては低い弾道ですが、スピンがかかっている飛び方の象徴です。」

――低く出して止める、まさにテクニックが発揮されている感じです。

阿河「打ちたい距離に応じてフェースを開閉で調節して、できるだけ強くボールをインパクトすることがスピンを強く効かせるコツですね。

ボール位置はスタンスのセンターでOK。打っていく弾道は目線の高さで低く抑えられれば激スピンショットが実現されています。

シャフト軸から遠いフェース・トゥ側は飛ばない、シャフト軸から近いフェース・ヒール側は飛ぶ、というベクトルを利用して、「上げる」「転がす」を応用したいろんな技を遊び感覚で覚えたいものだ。ちなみにアイアンもウェッジ同様のベクトルは色濃いが、ヒールに打点を外すと極端に距離がショートしてしまうので、わざと外すのは得策ではない(笑)。


レッスン=阿河徹(あがとおる)
男女ツアーでトッププレーヤーのパフォーマンスを支える日本有数のプロコーチ。井山ゴルフ練習場(世田谷区)では予約制でアマチュアゴルファーのレッスンも行っている。

撮影=田中宏幸
取材協力=井山ゴルフ練習場

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。