1. HOME
  2. 特集
  3. 基本を見つめ直そうシリーズ第13弾「スイング研究家が教える ドライバーのベーシックスキル」後編
特集

基本を見つめ直そうシリーズ第13弾「スイング研究家が教える ドライバーのベーシックスキル」後編

特集

最大パワーを発揮できる
クラブの上げ方、下ろし方。

両腕と身体の関係性を維持したい

ボールを遠くへ真っ直ぐ飛ばすには、いわゆる“手打ち”はご法度。身体と腕の動きをうまくシンクロさせる必要があります。
コツはアドレスした時、両肘と胸の間にできるスペースをスイング中に変えないように意識すること。例えば「両腕と肩でできる三角形を崩さず・・・」というアドバイスが一般的ですが、肘から先は必然的に曲がるものなので、正しくはありません。

バックスイングでは両肘と胸の間にできるスペースをキープすること。空間を維持できないと、不安定な要素を助長する。

また身体の動きだけでなく、正しいクラブ軌道も意識しましょう。これを分かりやすくしてくれるのが、グリップエンドのポジション。グリップエンドはハーフウェイバックで地面を向くように上げていきましょう。

うまくスペースをキープするには、グリップよりもヘッドが1個分ほど外側に上げる(キープ)ようにバックスイングする。

グリップエンドはハーフウェイバックで地面に向けるイメージだ。

グリップエンドの位置を意識しないとスイングプレーンに乗らず両肘と胸の間のスペースも崩れる。

テークバックでコッキングを意識し過ぎると、クラブを腕で持ち上げてしまう状態に。グリップエンドの向きを変えるという意識が大切だ。

ダウンスイングはハーフウェイバックから踏み込んでいけ!

ダウンスイングは下半身主導で始動させることがパワーを発揮するポイントです。
イメージとしてはバックスイングのハーフウェイバック(左腕が地面と平行)の時点で、左足の踏み込みをスタートさせていきたい。クラブを上げながら踏み込む意識が大切です。

インパクトエリアでもグリップエンドの向きを変えるように意識すれば、手元側が減速する一方でヘッドを勝手に走らせることができグリップを追い越していきます。

下半身主導の動作イメージ
正しいダウンスイングのドリル。バックスイングで左腕が地面と平行になったあたりから、左足を飛球線方向に踏み込んで行こう。

ダウンスイングでは、クラブを身体側に引きつけたり押さえつけたりしない。自分の右サイドに身体から離すようにクラブを下ろすことを心がけよう。

グリップエンドの向きを変えるようにすれば、インパクトエリアでクラブを正しくリリースできる。

左の壁を崩壊させる!

ブライソン・デシャンボー(aflo)

“左の壁”という言葉を聞いたことはありませんか? インパクト時に左足を踏ん張って、身体が左サイドに流れることを止めるように習った方もいるはずです。
しかし、PGAツアーの飛ばし屋であるブライソン・デシャンボーやバッバ・ワトソンのスイングを見てみましょう。彼らの飛球線側の足は、インパクトからフィニッシュにかけて、大きく動いていますよね。
この動作はダウンスイング時に強い踏み込みに対する地面反力に逆らっていないから。左足を踏ん張り過ぎると身体の可動域を制限してしまい、インパクトスピードを全力で発揮しづらくなってしまいます。

一見、インパクトで左足が動くとNGに見えてしまうがOK。

これまでの常識が全く通じない
ヘッドスピード加速法!

顔を残せ!は古い!正しく顔を動かせ!

スイング中は“ヘッドアップするな!”、“顔を残せ!”などというアドバイスが多いです。ただ、その動きもスイングしている身体にロックをかけてしまいます。歩く時や走る時に、身体のどこかを止めたり、止める意識はありませんよね。
ゴルフスイングにおいてもそれと同じで、むしろ顔の向きは動かしてOK。インパクト以降は、クラブヘッドと同調してヘッドアップしていきましょう。ただ闇雲なヘッドアップはNG。ボールからのターゲットを結ぶ仮想のラインを目線でなぞりながら目線を動かしてください。ターゲットに対して前傾目線をキープした大きなフォロースルーができるはずです。

インパクトからフォロースルーではターゲットラインを目線でなぞっていくようにヘッドアップしていく。

インパクト以降は前傾に沿ってターゲットを斜めから見る意識を持とう。

頭を残したままだと腕だけが動き左肘が引けてしまう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。