1. HOME
  2. 特集
  3. 〈新年号恒例〉連続写真集withワンポイントレッスン!その1
特集

〈新年号恒例〉連続写真集withワンポイントレッスン!その1

特集

昨年も表紙や様々な企画でお世話になった選手の皆様に連続写真の撮影協力をいただきました。
目指すプレースタイルや同弾道スタイルのトップ選手たちの優れた動きをイメージすることはスイングの潤滑油とできるはず。
年のはじめに、良質な動きに覚醒して思い切り飛ばしましょう。


取材・文=田村 一人、撮影=高橋 淳司、田中 宏幸、取材協力=川口グリーンゴルフ

【ワンポイントアドバイス】
大西 翔太
おおにし しょうた、1992年6月20日生まれ、PGAティーチングプロA級。青木 瀬令奈のコーチ兼キャディを務め、昨季は宮里 藍サントリーレディス優勝に貢献する。2021年から澁澤 莉絵留とコーチング契約、チーム大西として活動中。

アスリートゴルファー注目!
笹生 優花

前傾角度が一切崩れない
飛んで曲がらないアスリートショット!

笹生プロのスイングには、飛んで曲がらない要素が凝縮されています。
一番の特徴は、アドレスからフィニッシュまで終始前傾角度が崩れないことです。強烈に左足を踏み込んでヘッドを加速させているのに、身体が全く浮いていません。
まさにフォームはローリー・マキロイのスイングと瓜二つ。
前傾角度が変らなければ、スイング中のフェースアングルを一定にキープすることができ、飛んで曲がらないショットが打てるのです。体力に自信のある方は、トライしてみる価値はあり。
スイング中に前傾角度を変えないためにも、腹部と臀部の筋力を日頃から強化しておきたいですね。

笹生 優花
さそうゆうか、2001年6月20日生まれ、東京都出身、ICTSI所属。※2021年撮影、2022年よりキャロウェイゴルフと総合用品契約。

ワンポイントアドバイス

自体重スクワット
前傾角度キープに欠かせないのが臀部の筋力だ。クラブを肩に担いで、5回ほどスクワットするだけでも効果大。屈むときは、腰を曲げずにお尻を突き出すようにしよう。膝を前に出すのはNGだ。

“吸って、吐いて”腹筋を鍛える
腹筋も前傾角度キープに欠かせない。普段、トレーニングをしてなければ、最初は腹筋を意識し深呼吸するだけでもOK。こちらも“吸って、吐いて”を5回ほど繰り返そう。


撮影協力=カレドニアンゴルフクラブ

フェードヒッター注目!
河本 結

美しいスイングのカギは
“美しい手元”にあり

非常に美しく、まとまったスイングをしている河本プロですが、ポイントは両足の踏み込みと手首にあります。
実は河本プロのスイングは下半身だけに注目すると、バックスイングで右足、インパクトからフォローで左足を踏み込んでいく動作は大きめ。足の踏み込み動作をパワーの出力とし、肩が縦回転して身体が先行した状態でインパクトして、フェードボールを操っていきます。
ポイントは河本プロの手首の動きです。アドレスで作られた手首の角度がスイング中に一切変わらないことが正確なインパクトのポイントです。

河本 結
かわもと ゆい、1998年8月29日生まれ、愛媛県出身、リコー所属。

ワンポイントアドバイス

利き手の手首を意識しよう
スイング中に手首の角度をキープするという動きは、利き手の手首のアングルをキープするように意識しよう。手首の角度が変わらなければ、スイングの再現性も高くなる。

NG!
手首の角度が変わると、身体とクラブの距離間やフェースアングルが狂うためインパクトが定まりにくい。


撮影協力=TBS緑山ゴルフスタジオ

フェードヒッター注目!
山下 美夢有

スタンスの範囲内で
振るからプレッシャーに強い!

山下プロは非常にプレッシャーに強いスイングが印象的。
注目したいのはバックスイングで体重がしっかり右サイドに乗っているのに、右膝がアドレス時と全く変わらないポジションをキープしていること。これは是非、読者の皆さんに真似していただきたいポイントです。右膝が動かなければ、スウェーなども気にせずどんなライからでもしっかり安定したショットができます。
またインパクトからフォローでも左膝の外側に身体が出ていません。スタンスの範囲内で無理なくスイングしているからこそ、プレッシャーに強いスイングと言えるのです。

山下 美夢有
やましたみゆう、2001年8月2日生まれ、大阪府出身、加賀電子所属。

ワンポイントアドバイス

①足の裏に“根を生やそう”
アドレスの範囲内で振るために、スイング中は「足の裏に根っこがある」、そして足の指で地面をつかむイメージを持とう。

②両つま先を少し開く
膝はつま先の向きに対してのみ動くもの。フォローで膝は外旋するので、ケガを予防するためにも、つま先はやや外側を向けよう。

NG!
小さなスタンスで逆八の字のつま先&内股なアマチュアゴルファーも多いが、下半身が不安定で出力が発揮しづらい。


撮影協力=北谷津ゴルフガーデン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。