1. HOME
  2. 特集
  3. トップアスリート専属 管理栄養士監修 食トレで変わる、 その一打! Vol.8 夏バテに負けない! 夏に強いゴルファーになる!
特集

トップアスリート専属 管理栄養士監修 食トレで変わる、 その一打! Vol.8 夏バテに負けない! 夏に強いゴルファーになる!

特集

今年はとにかく夏バテに対する相談が多いです。これは、身体が暑さに慣れる前に梅雨明けしたこと、そして猛暑が長く続いていることが大きな原因と考えられます。外の蒸し暑さと冷房の効きすぎた室内との温度差は、私たちに大きなストレスを与え、自律神経のバランスを崩します。

また、冷たいものばかり食べていると胃腸が冷えて疲弊し、食べたものをきちんと栄養に変えられず、日中でもだるかったり、夜眠れなかったりと、夏バテを悪化させます。現代の夏バテは、内外の冷えから始まると言っても過言ではありません。

夏バテ対策に、夏野菜の豚汁

作り方
1.豚こま切れ肉を一口大に切ります。玉ねぎは薄切りに、ナスは皮付きのまま乱切りにし、枝豆は茹でてさやから豆を取り出します。

2.鍋にごま油を入れて火にかけ、豚肉、ナス、玉ねぎ、枝豆を炒めます。豚肉の表面が白っぽくなったら、出汁を加えて煮ます。

3.具材に火が通ったら味噌を溶かし、お好みで七味唐辛子をトッピングして完成です。

ココが“食トレ”栄養素!

味噌

味噌汁は胃腸を温め、汗で失った水分やミネラルを補給するのに最適です。発酵で栄養素が吸収しやすい形に分解されている味噌は、本来、胃腸で行う消化分解にかかる力を省エネでき、食べたものをしっかり栄養に変えられます。

豚肉

そうめん、アイス、ジュースのような食べやすいものばかり摂っている夏は、知らず知らずのうちに糖質過剰になりがちです。糖質の摂取量が増えると、それをエネルギーに変えるのに必要なビタミンB1が不足してスタミナ不足になってしまいます。夏の疲労回復食にビタミンB1たっぷりの豚肉料理が推奨されるのはこのような理由からです。

七味唐辛子

七味唐辛子は唐辛子や山椒、陳皮(みかんの皮)、青のり、けしの実、麻の実、ゴマなどを調合したスパイスミックスです。このうち、唐辛子、山椒、陳皮は胃腸を温めて、消化吸収機能を回復させる働きがあります。

石松佑梨
いしまつゆり。管理栄養士、数々のトップアスリートたちをサポートする食トレのスペシャリスト。著書の「過去最高のコンディションが続く 最強のパーソナルカレー」(かんき出版)はアスリート必携の1冊だ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。