1. HOME
  2. 特集
  3. スコアリングパフォーマンスの最前線。|14「ディスタンスギャップの適正化」
特集

スコアリングパフォーマンスの最前線。|14「ディスタンスギャップの適正化」

特集

ベストなアイアン選びの必須ミッション
ディスタンスギャップの適正化

タイトリストが発信するスコアリングの哲学から学ぶ連載、第14回目は見極めが難しいアイアンの買い替え時の最適解を追求したい。

難コースを攻略できる
セッティングが
構築されていますか?

難易度が高い名門やトーナメントコースにチャレンジする度に、ゴルフがいかに“ターゲットスポーツ”であるか、そのゲームの本質に気付かされる。一見、飛ばしが正義なドライバーショットであっても、次打でグリーンを確率よく狙えるエリアにボールを運んでいくことが常に要求される。いくら飛んでもOBは論外だ。ことアイアンに関しては、グリーンを精度良く狙うパフォーマンスの大切さを痛感する。予測できない傾斜が強くスピードが速い難グリーンの周りに配置されたハザードの数々にミスショットが捕まれば、脱出する1打が確実にペナルティとなって結果ボギー、ダブルボギーとスコアを悪化させる。ラッキーがほぼ介在しない難コースのホールロケーションではその毎ショット時に、弾道精度のスキルが要求されていることに誰もが気付かされるはずだ。

また昨今台頭している“飛び系アイアン”では、難コースを安易に攻略できないイメージが自ずと湧く。飛距離を重視するアイアンセッティングの傾向としては7番アイアン以下のロング番手が決して“打ちやすい”とは言えないストロングロフト設定で、ボールが上がりづらくグリーンで止めづらい状態を招いてしまっている。対してミドルから下番手は、ショート番手とのロフトピッチ設定が乖離する傾向にあり、番手毎の距離間が開きすぎてしまう。ロング〜ショートにかけてセッティングにおけるディスタンスギャップ(番手の距離間)が一定にできないため、目標エリアに対して距離コントロールが至難。そんな距離感が発揮できない状況を実戦で既に経験済みなら・・・適正なクラブへの買い替え時。アイアンがスコアリングパフォーマンスに繋がっていない結果だ。

PGAツアー使用率
1位の信頼・実力

スコアを追求するためのアイアンがタイトリスト「Tシリーズ」。モデル毎にターゲットプレーヤーを見据えた最適なロフト設定が施され、飛距離性能とともに精度・安定性が追求されているアイアンだ。その一貫性の高い飛距離性能は、ボールをグリーンに止めるためのキャリーディスタンスのアップと、距離精度を高めるディスタンスギャップの適正化を実現してスコアリングに貢献するのである。「Tシリーズ」を含めたタイトリストのクラブはPGAツアーで使用率1位を確固にし、1打の精度に妥協しないトッププレーヤーたちの信頼を勝ち取っている。全てのプロダクト、テクノロジー、そのスペック設定の細部に至るまで、スコアリングパフォーマンスが追求されている証明だ。

TITLEIST T-SERIES

【NEW T100】
ツアーNo.1が
証明する精密弾道が
さらに進化

【NEW T100・S】
ツアーアイアンの
精密弾道に
スピードをプラス

【NEW T200】
先進のデザインが
もたらす
高い飛距離性能

【NEW T300】
驚きの飛びと
やさしさが
スコアアップに導く

【T400】
もっと高く、
もっと遠くへ、
もっとやさしく

あなたにとってベストなアイアンとは何か・・・
一度受けたいタイトリストの
アイアンフィッティング

ただ飛距離性能のベストを求める内容ではなく、それぞれのゴルファーにとって最適な弾道とパフォーマンスを導くベストなアイアンモデル、仕様、セット構成をフィッティングで導き出していきます。

▶ベストなヘッドを選択
▶ベストなシャフト、レングスを選択し、
 ライ角もチェック
▶キャリーディスタンスのギャップを正確に測定

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。