1. HOME
  2. 新製品情報
  3. やわらかシャフトを打って、いいスイングテンポでスタート!「MCI PRACTICE Iron」
新製品情報

やわらかシャフトを打って、いいスイングテンポでスタート!「MCI PRACTICE Iron」

新製品情報

710

女子ツアーで打撃練習を眺めていると、渋野日向子プロが突然、しなりの強いピンクシャフトが装着されたアイアンを打ちはじめた。


撮影=小林 司

女子ツアーからの要望で生まれた”やわらか”シャフト

2019年女子ツアーでは、 ピンクの練習用シャフトを装着したクラブを持つ選手が目立った。そのひとりが渋野日向子プロ、使用用途を聞いてみた。

渋野「これはフジクラさんの練習用シャフトで、とてもやわらかいんです。私は8番アイアンに装着していて、練習場ではウェッジから順々に番手を上げていき、8番の出番がくると、まずこの練習用アイアンを打つようにしています。」

練習用シャフトの正体は女子ツアーからの要望で生まれたという「MCI PRACTICE Iron(エムシーアイプラクティスアイアン)」。安定したスイングリズムを調整するための練習用シャフトを作って欲しい、というニーズで生まれたという、”やわらか”シャフトだ。

お気に入りの渋野プロは、ウェッジも追加している。

渋野「しなりがとても大きいので、打ち急ぎを抑制してリズムやテンポを正常化させてくれるんです。だから練習時はズーーーっと打っています。コーチの青木翔さんとの取り組みも、シャフトの力をうまく発揮することをテーマにしてきましたが、まさにこの練習用クラブを打つと、体でその感覚にアジャストしていけるのです。

アマチュアの皆さんは練習時だけでなく、ラウンドの前に打つと、いいリズム感になれるので効果的だと私は思います。

私はウォーミングアップも兼ねてスイングリズムを整えることをルーティーンにしています。」

MCIに使用している重心調整技術を採用しており、超軟シャフトながら『MCI70』と同程度の重量(約70g)、クラブバランスを実現されている。

アマチュアゴルファーにとって「MCI PRACTICE Iron」の効果は絶対

松田鈴英プロ、脇元華プロはパターに、永峰咲希プロはウェッジにと選手個々、スイングリズムのベースによって装着するクラブは異なるとのことだ。

とにかく私たちアマチュアゴルファーにとって、打ち急ぎは常時課題であることは間違いなく、「MCI PRACTICE Iron」の効果は絶対であることも間違いない。
このシャフトを12,000円という価格で作ってくれたフジクラさんに、そしてこのシャフトのアイデアを出してくれた女子ツアーに感謝したい。

MCI PRACTICE Iron
・価格:12,000円(税抜き)※シャフトのみ販売
・問い合わせ:藤倉コンポジット株式会社 スポーツ用品営業部(TEL:03-3527-8433)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。