1. HOME
  2. 特集
  3. トップアスリート専属管理栄養士監修 食トレで変わる、その一打! Vol.9 あなたのコンディションに寄り添うパーソナル食トレ
特集

トップアスリート専属管理栄養士監修 食トレで変わる、その一打! Vol.9 あなたのコンディションに寄り添うパーソナル食トレ

特集

ボリュームうどんに〝旬のきのこ〟と〝たんぱく質〟を組み合わせたつけ汁うどんをご紹介します。
食材の選び方次第で、理想の『パーソナル食トレ』が簡単に実践できます。

パーソナル食トレな
ボリュームうどん

材料(2人分)/パーソナル食材
◉きのこ(まいたけ、しめじ、なめこ、しいたけなど):両手1杯分
◉ねぎ(斜め薄切り):1本
◉生姜(千切り):1片
◉めんつゆ(希釈済):400ml
◉冷凍うどん(ゆでて水洗いし、水けを切る):2玉

作り方
1.それぞれの材料を食べやすい大きさに切ります。

2.鍋にめんつゆと生姜を入れて弱火にかけます。

3.ねぎ、きのこ、パーソナル食材を加えて、しっかり火を通します。

4.器に盛り付けたら、うどんをつけ汁にくぐらせてお召し上がりください。

ちょっと一工夫!
たんぱく質源は大切な”パーソナル食材”

◯豆乳
時短朝食で『プレー前の準備OK』
めんつゆを水ではなく”豆乳”で希釈するだけなので、忙しい朝にぴったりです。朝のたんぱく質摂取は効率的に体温を上げることができます。ゴルフ場到着までに活動スイッチが入り、しっかりほぐれた身体でプレーを始められます。

◯豚肉
後半戦も疲れ知らず『スタミナ』昼食
米やうどん、パンなどをエネルギー源にするためにはビタミンB1が必須です。ビタミン B1が豊富な”豚肉”と、ビタミンB1の吸収を助ける“ねぎ”(アリシン)は、日頃から取り入れてほしいスタミナアップの組み合わせです。手作りできないプレー日のランチはレストランの豚肉の生姜焼きで代替しましょう。

◯つみれ
疲れを持ち越したくない『リカバリー』夕食
肉や魚を細かく叩いた“つみれ”は消化が良く、夕食にピッタリのたんぱく質源です。”鶏むね肉”の抗酸化力(イミダゾールジペプチド)や”イワシ”の血流力(オメガ3系脂肪酸)はリカバリーの効果が期待できます。

 

石松佑梨
いしまつゆり。管理栄養士、数々のトップアスリートたちをサポートする食トレのスペシャリスト。著書の「過去最高のコンディションが続く 最強のパーソナルカレー」(かんき出版)はアスリート必携の1冊だ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。