1. HOME
  2. 特集
  3. ショットに自信を抱けるクラブをモノにする大切さ。「NEW egg FORGED アイアン」「N.S.PRO 950GH neo」

SPECIAL

特集

ショットに自信を抱けるクラブをモノにする大切さ。「NEW egg FORGED アイアン」「N.S.PRO 950GH neo」

メンタルのスポーツであるゴルフにおいて、ラウンド時の不安を払拭させる役目を担う、自信のクラブを持つ持たないの違いは、明らかに結果になって表れると、鈴木プロはいう。

飛び系アイアンのパフォーマンスを最大限スコアメイクへ活かせ

スコアメイクに苦しむアマチュアゴルファーは、ラウンド時に例外なく不安を抱えてスタートしているはずです。それが長引くと、終始スイングの調整ばかりに注力してしまい、肝心なコースマネジメントに気を回すことができません。
その不安材料を払拭させる力があるのは、何より満足のいくショットをいち早く打ち、いい結果を実現させること。いかに早く心に安心と自信を与えることが1日の出来を左右させるのです。

推奨したいのは、アマチュアのコースマネジメントに有利に働く飛び系アイアンを武器にしておくことです。
メリットの一つとして、今までより小さな番手で狙える安心感が得られることです。安心感という言葉はありきたりですが、ないよりもあったほうが断然有利です。
そして最新型飛び系アイアンの特徴は芯が広く、打点ブレに強いため、ある程度の距離が確約される点です。アイアンは練習量も多く、自信が構築できやすいクラブ。アイアンで距離を稼ぐことができれば無理をしてフェアウェイウッドで距離を稼ぐという冒険的なセレクトをせず、スコアを作れる安全なマネジメントができるはずです。

上昇志向&アスリートマインドに応える強さ、やさしさ、美しさ「エッグフォージドアイアン」

ただ、これから伸び盛りをみせる アマチュアゴルファーには、やさしく飛ばす特化型モデルを選ぶことをあえて推奨しません。
スイングを磨いていける打ち応え、そしてコースマネジメントに有利な強さなど、上昇志向にマッチしたモデルを優先したいのです。

まさにそのニーズに応えるのが「エッグフォージドアイアン」だといえます。
「エッグフォージドアイアン」は、「エッグ」のやさしさ、飛びにほどよくアスリートライクなエキスが注入されています。形状はトップブレードとソール幅がほどよくシャープにデザインされているため、セットアップが鈍感にならないのが好印象です。

飛距離性能が持ち味の「エッグフォージドアイアン」は、とても弾き感が強いがやわらかな打ち応え、そして何より武器になるのが弾道の高さです。
飛び系アイアンはストロングロフト化による弾道の高さが懸念されがちですが、それは皆無といっていいでしょう。
ミスに強く、打ち損じたショットでもグリーン手前に安定して運んでいける寛容性もさすが。ラウンド中に自信も結果も得られる、上昇志向なゴルファーに最適なアイアンです。

飛び系アイアンにありがちな、”ぼてっと”感を排除。
トップブレード、ソール幅をシャープにし、アスリートマインドを醸し出す形状をしている。

『no limit.(限界を超える)』を掲げ、生まれ変わった新eggのアスリート系飛びアイアン。
強さ、やさしさ、美しさを兼ね備えたパフォーマンスモデルだ。

ストロングロフトアイアンとのマッチングを目指し開発された「N.S.PRO 950GH neo」とも相性抜群でアスリートのスイングにも順応する。
またより高さとスピンを適正化に貢献することで、飛んで止まるを強調できる。

最新飛び系アイアンの多くに標準採用「N.S.PRO 950GH neo」

「egg フォージドアイアン」におけるセミアスリートへの推奨シャフトとして登場したのが「N.S.PRO 950GH neo」。
スチールシャフトを選ぶ方はスコアメイクに有利になるこのシャフトを最優先に選んでほしい。

従来型は7番のロフト角が33〜35度、最新型は飛び系7番のロフト角が〜26度と、約10度も差がある。
ロフト角の進化で飛距離を得られる反面、スピン減少の恐れあり。

従来の「N.S.PRO 950GH」に比べて、中間剛性が高くなったことで、さまざまなゴルファーが振りやすさを感じられるはずです。
先端のしなりはスピンだけでなくボールの打ち出し角にも貢献するため、飛び系アイアンでスチールシャフトを選ぶ方は、弾道そのものが生まれ変わることを体感できるはずです(鈴木 タケル)。

飛び系アイアンの高初速弾道に狙えるスピンを与えよう

ゴルフクラブで最も飛距離が得られるのはドライバーですが、飛びの三要素として”初速アップ”、”高打ち出し”、”適正なスピン”が挙げられます。
この物理的飛距離アップの現象は、昨今の飛び系アイアンにも全く同じことが言えます。ストロングロフト化はロフトを立てることによる”初速アップ”を、”高打ち出し”は限界まで追及されたヘッドの深重心化と、いわゆるヘドのテクノロジーでカバーできることですが、ロフト毎における適正なスピンは絶対的でなかなか増やすことができないのが現実です。
スピン量が少なめな弾道はドライバーのように棒球になりやすくランが出やすい。つまりはグリーン上でボールが止まりにくいことを意味するのです。

日本のゴルフ市場のスチールシャフトでシェア1位を誇る日本シャフト「N.S.PRO」シリーズでは、スタンダードになった飛び系アイアンにマッチングするべく「N.S.PRO 950GH neo」をラインナップ。意図した先端のしなり設計によりシャフト挙動でスピンを約500回転付与させることを見事に実現しています。

「エッグフォージドアイアン」のように、アスリートライクなゴルファーをターゲットにしたアイアンにおいて、「N.S.PRO 950GH neo」は最高のマッチングを誇ります。
従来までになかなか得られなかった”飛び系アイアンで狙っていける”マネジメントでアグレッシブなスコアメイキングを楽しんでいただきたいものです。

NEW egg FORGED アイアン
・ヘッド素材:#5-A=フェース:ニッケルクロムモリブデン鋼、ボディ:軟鉄(S45C)As、S=ボディ:軟鉄(S20C)
・価格:4本セット(#7〜P) 96,000円(税抜)、単品(#5、#6、A、As、S) 24,000円(税抜)
・問い合わせ:株式会社プロギア(TEL:0120-81-5600)、PRGRレンタルサービス(TEL:0120-67-2727)

N.S.PRO 950GH neo
・フレックス:X、S、SR、R
・重量:98g(S)
・トルク:1.7(S)
・調子:中調子
・問い合わせ:日本シャフト株式会社(TEL:045-782-2562)